2050年1月1日土曜日

「きくちの楽屋2015/16」先頭ページ(固定)

このブログは、2016年末をもって終了しました。

1月10日「倫理的な人生って社交上手なの?」──『ニコマコス倫理学』読書と対話(探Q複数の視点で考えるカフェ@金沢)
http://kikunanchara.blogspot.jp/2017/01/q.html

今後は、引越先の以下のブログをお訪ねください。
「きくなんちゃら(杖と橋と路地横丁と病院の)2017/18 ── 菊地建至の日誌+」
http://kikunanchara.blogspot.jp/



★最新・お知らせ1★
12月13日「倫理的な人生って気前いいの?」──『ニコマコス倫理学』読書と対話2(探Q複数の視点で考えるカフェ@金沢)、12月13日18時30分から20時まで、長田亭(金沢駅すぐの喫茶店、石川県金沢市本町2丁目18−32)

ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』の「贈り与える徳」も参照する予定です。事前準備や図書購入の必要はありません。いくつか文章を取り出して読みます。各自好きな飲み物など頼む以外に参加費・場所代はいりません。
 
ガイド 菊地建至(金沢医科大学、探Q複数の視点で考えるカフェ)

詳しくは、以下のリンクからどうぞ。
http://kikutinogakuya2015.blogspot.jp/2016/12/12132q.html

★最新・お知らせ2★
11月19日「ちいさな哲学入門」(NHK文化センター京都)、毎月第三土曜日15:30~17:00

わたしが講師を務めます。講義と対話で考える場です。
秋・第二回 11月19日 異なる意見や価値観にかかわること、建前でなく本心から楽しいことなのでしょうか。
 
詳しくは、以下のリンクからどうぞ。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1098842.html


◆このブログ「きくちの楽屋2015/16」は、きくちたけし(菊地建至)の日誌plusです。よろしくお願いします。

菊地建至
探Q複数の視点で考えるカフェ / 金沢医科大学教員
連絡先 kiku.yuukou@gmailcom

ツイッターは、以下です。
https://twitter.com/kikutinogakuya

「探Q複数の視点で考えるカフェ」のブログを別に作りました。
更新記事「探Q複数の視点で考えるカフェ(哲学プラクティス、クリティカルシンキング、哲学カフェ他)」
http://indepriend.hateblo.jp/entries/2050/05/25

「探Q複数の視点で考えるカフェ」等、今後の予定】

◆ 「ちいさな哲学入門」NHK文化センター京都 
 2016年10月〜12月、第三土曜日15時30分〜17時。
11月19日「ちいさな哲学入門」(NHK文化センター京都教室)・第二回「変容・多様」

◆ 探Q複数の視点で考えるカフェ「探Qクリティカルシンキング入門@紫明会館・京都」
 2017年(冬)春も開催します。詳細は追ってお知らせします。

◆ シリーズ「どう知り、どう生きるか」(市民的リサーチ)
★最新記事★【お知らせ】11月20日15時から17時まで「インティマシーをデザインする──21世紀のはじめ方」(シリーズ「グローバル人材を考える」第一回)、探Q複数の視点で考えるカフェ@紫明会館(京都市)http://kikutinogakuya2015.blogspot.jp/2016/11/1120151721q.html

 以下は、昨年の会です。
 第1回「個人の自由と社会的強制のありよう」(ゲスト児玉聡さん) 2015年9月13日
 第2回「差別はなぜ悪いのか?」(ゲスト堀田義太郎さん) 2015年10月11日
 第3回「学校の中で、商業的でないカフェを運営することや溜まり場を排除しないことの意味について」(ゲスト辻田梨紗さん) 2015年11月1日


◆哲学プラクティス
現在は、医療・ケア・福祉に関する哲学プラクティスの実践と理論の探究に力を入れています。「Have you talked together yet? 相談からはじまる哲学すること 」のFacebookページは休止しました(2016年11月15日)。


【他の最近の取り組み】

11月8日「倫理的な人生って美味しいの?」──『ニコマコス倫理学』読書と対話1(探Q複数の視点で考えるカフェ@金沢)。長田亭(金沢駅すぐの喫茶店、石川県金沢市本町2丁目18−32)。


★「報告 金沢で働き始めました」という記事を書きました。
http://kikutinogakuya2015.blogspot.jp/2015/04/blog-post.html

◆これまでの日誌plusには、以下のふたつがあります。
【2009-12年】はこれ。
「きくちの楽屋 kikutinogakuya」  http://d.hatena.ne.jp/kikutidle/
【2013-14年】はこれ。
「きくちの楽屋2013/14」 http://kikutinogakuya2013.blogspot.jp/


◆このブログ「きくちの楽屋2015/16」は、きくちたけし(菊地建至)の日誌plusです。よろしくお願いします。

2015年3月までずっと大阪のキタ・ミナミどちらにも徒歩圏内に住んでいましたが、この4月から金沢に移住しました。とはいえ、いまも月に一・ニ度のペースで、大阪や京都・滋賀にも来ています。映画、笑いを愛し、「マイナー」に肩入れしています(わたしもそういう面があります)。

大学教師でもありますが、市中で「探Q複数の視点で考えるカフェ」【ちいさな哲学カフェ、読書から考えるカフェ、クリティカル・シンキングを生かす探Qカフェ等】等も開いています。

・1999年4月から大学非常勤講師をつとめ、近畿の8大学を移動して講義する毎日でしたが(哲学、倫理学、英語表現等を担当)、2015年4月より金沢医科大学で教員として働き始めました。

http://researchmap.jp/takeshi_kikuchi 
(researchmap もっとまめに更新しないといけないのですが)

・「大学・学会の外、市中で、他者と哲学する経験の場」や「あなたの、もやっとすること、まだ消化できていないこと(の相談)から、トークしながら考える場」を開き、それを続けることも重視しています。

 わたし(たち)の大事なことだから、できることなら自分で考えたい。でも、聞くひともいる。他のひとのアイデアやことばが何かのきっかけになるかもしれない。いつもいっしょの人間関係から一歩外に出て、少し広い視野で、見知らぬひとの意外な意見も参考にすることで、はっと気づくこと、明確にわかることもあるだろう。そして、意外に思うかもしれないが、こういう「他人と話し、明確に考えること(哲学すること)をあなたの日常に取り入れること」は、きっと「自由に生きる」経験につながっていく。


ただし、「Have you talked together yet? 相談からはじまる哲学すること 」のFacebookページは休止しました(2016年11月15日)。

●2012年は ABCラジオ「茂山童司のおとぎの暇」で 哲学者ニーチェの話をさせていただき(2012年9月29日)、昨年は ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」で哲学カフェの話をさせていただいたのも(2014年3月27日)、楽しかった。ラジオは好きなメディアなので、今後もトライしたいことのひとつです。

◆他のブログ、Twitter等
ツイッターは、以下です。
https://twitter.com/kikutinogakuya

「生活保護の哲学ブログ」他いくつかのブログも書いていますが、なかなか更新できていません。今夏からは充実させていきたいと思います。

「生活保護の哲学ブログ」のトップページへのリンクは以下です。
http://welfarephilosophy.blogspot.jp/ 


このページの最終更新 2016年11月16日

菊地建至

2017年3月29日水曜日

4月から「多様性とライフ(生活・生命)をもっと良く知る─聞いて、話して、考 えて、決める」

金沢市の香林坊に、しいのき迎賓館という建物があります。その中で「シティカレッジ」という、一つの授業から履修できるまちなかの大学のようなものがあります。いろんな大学の学生が受講できるだけでなく、社会人の受講もできます。

4月6日始業。社会人は1回目の授業に参加してから正式に申し込むか決められるみたいです。興味のある方は、まずリンクをどうぞ。お知り合いに教えてあげてもいいかも。


わたしは4月から、火曜日15時半開始の「多様性とライフ(生活・生命)をもっと良く知る─聞いて、話して、考えて、決める」という授業を開きます。

2016年12月31日土曜日

2016年大晦日

年の暮れでいうと、個人的には、8歳、14歳、20歳、26歳、31歳、48歳の年の暮れ(2016年末)が区切りになったかなと、いま思う。

このブログ「きくちの楽屋2015/16」もこれでおしまい。

ありがとうございます。

菊地建至

2016年12月30日金曜日

来年1月1日からのブログ名

ブログ「きくちの楽屋」を始めたのは2009年10月だったかな。そして、2013/14と2015/16は二年ごとに、日誌のようなブログを引っ越している。

現在の「きくちの楽屋2015/16」は明日でおしまいになるから、明後日が来れば、新しいところに引っ越す。

ブログ名は「きくなんちゃら、杖と橋と路地横丁と病院の 2017/18」にする予定。誰のブログかわからないし、「きくなんちゃら、杖と橋と路地横丁と病院の 2017/18」(菊地建至の日誌のようなもの)となるかな。

2016年12月26日月曜日

12月26日

授業のないこの時期、書くために年休使うのはもったいないとも思うけれど。時間をどう使うか、どこにいるか等を自由にしたい一日としては、これでいいだろう。休み時間、寝っころがることもできるし。

明日のこと。

2016年12月25日日曜日

12月25日

今週末、金曜日の東京出張はあったけれど。

土日とも外に出る仕事がないというのはこんなに休める感じなのかと、驚いている(研究会がいくつか開かれているけれど見送った)。来年は月に一度か二度はそうしよう。

2016年12月24日土曜日

「探Q複数の視点で考えるカフェ」について、少し。

2016年もあと一週間くらいになったので、ひと区切り。わたし(菊地建至)が企画・運営・当日ガイド等にかかわっている「探Q複数の視点で考えるカフェ」について、昨夜少しツイートしたのをここにも転載します(一部省略や補足あり)。


「探Q複数の視点で考えるカフェ」に関しては、まずは来年9月まで(だいたいのイメージで8割減くらい)活動を小さくする。その後は、また考えて決める。

心身的に「休み休み」を徹底したいということ。

しばらく自分の知と生に「早まることなく、細部にもかかわって、複数の視点で」クリティカルシンキングを実行するために、この場については前進しないと決めるということ。

主にはこの二つだけれど、明瞭な理由というよりは直感の判断のほうが優勢だろう。


市中の場について「お知らせ」することも減るだろう。

そうは言っても、1月22日、2月19日、3月18日の紫明会館(京都市)はこれからお知らせを始める段階で、しっかり伝えていきたい。

呼ばれたところでできることに関しては、そのつど相談しながら考える。参加するとなったらそのお知らせも手伝う。

また、金沢・北陸で先月から始めた『ニコマコス倫理学』読書と対話のカフェ@金沢は、1月以降も毎月第2火曜日18時半から(金沢駅近くの喫茶店・長田亭)で続けています。


そして、(職場で課されたこと以外の)大学・病院の内外で広報しないで働くこと、これまでもこれが大半ではあったけれど、これはさらに充実するだろう。